ジムでダイエットするならまずはコレ。超基本的なメニューの組み方教えます

ジムでダイエット

こんにちは。パーソナルトレーナーの鬼頭です。

最近僕の周りではダイエットするために、ジムに通う人が増えてきました。

 

ランニングやジョギングだけではなく、筋トレがダイエットに有効だということが浸透してきたからでしょうか。

だとしたら筋トレ推進派の僕は嬉しい限りです!

 

今日は

  • 最近ジムに通い始めた。
  • 近々ジムに通おうかなー。

という人の中でも

「ジムに入会したは良いけど、何やったら良いかわからん!」

という人に向けた記事です。

超基本的なメニューの組み方について、お教えします。

ウォーミングアップ(5〜10分)

ウォーミングアップ

どんな目的であれ、ジムで運動する時に1番最初にやるべきメニューはウォーミングアップです。

・軽くジョギング

・エアロバイク

・ストレッチポールでストレッチ

・ダイナミックストレッチ

上記から自由に選んでもらってかまいません。

大事なことは体を温めること

これは怪我の予防はもちろんですが、筋肉の動きをよくして運動の効果をより大きくする効果もあります。

せっかくジムに通ってダイエットや運動しようと思ったのに、怪我をしたら全部台無しです。

ウォーミングアップは絶対に行うようにしてください。

注意

じんわりと体を伸ばすようなストレッチ(静的ストレッチ)は運動前には逆効果になってしまいます。

運動後に行うようにしましょう。

筋トレ(30分前後)

筋トレ30分

ウォーミングアップが終わったら、次は筋トレです。

基本的には、全身の大きな筋肉を使えるようにメニューを組みましょう。

目的別にジムでのメニューの組み方を説明します。

目的①とにかくダイエットして痩せたい

1、腹部のトレーニング

アブドミナルクランチ15回×3セット

レッグレイズ10回×3セット

2、背中のトレーニング

ラットプルダウン10回×3セット

3、胸のトレーニング

チェストプレス10回×3セット

4、下半身のトレーニング

スクワット10回×3セット

フロントランジ10回×3セット

ポイント

ダイエットしたい人は、特にお腹と下半身のトレーニングを重点的に行いましょう。

理由としては、日常生活で使われることが多く代謝に関わる影響が大きい筋肉だからです。

目的②筋肉をつけてボディメイクしたい

1、腹部のトレーニング

レッグレイズ10回×3セット

2、背中のトレーニング

デッドリフト10回×3セット

チンニング(懸垂)10回×3セット

3、胸のトレーニング

ベンチプレス10回×3セット

ディップス10回×3セット

4、下半身のトレーニング

スクワット10回×3セット

レッグプレス10回×3セット

ポイント

筋肉をしっかりつけたいという人は、ビッグスリーと呼ばれる種目(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)を3つ必ず取り入れるようにしましょう。

フォームの習得も簡単ではなく、強度も高く辛いトレーニングですがその分効果も絶大です。

最初はインストラクターさんにフォームの指導を仰いでから、徐々に重さを上げていきましょう。

目的③ジムを活用して運動不足解消したい

1、腹部のトレーニング

フロントプランク30秒

サイドプランク30秒

アブドミナルクランチ15回×3セット

2、背中のトレーニング

ラットプルダウン15回×3セット

3、胸のトレーニング

チェストプレス15回×3セット

4、下半身のトレーニング

レッグプレス15回×3セット

スクワット(重り使わずに)10回3セット

ポイント

ジムで運動不足解消をしようとする人は、まずは自重(自分の体重)のトレーニングとマシントレーニングから始めましょう。

マシンでのトレーニングは軌道がある程度決められており、フォームの習得が簡単です。

重りの設定も「15回やったけどまだ余裕があるかな?」というぐらいからスタートするようにしてください。

運動不足の人は怪我もしやすいですし、軽い負荷でも十分に効果が出ます。

有酸素運動

有酸素運動

筋トレが終わった後に、有酸素運動をすると脂肪燃焼に効果的です。

ただし、やってもやらなくてもどっちでも大丈夫です。

  • 筋トレした後に時間の余裕がある。
  • 走ったりエアロバイクを漕ぐのが好き。
  • がっつり汗かいてから帰りたい。

という人はやってもいいと思いますが、基本的には有酸素運動ナシでも全然ダイエットできます。

参考記事:痩せたい人が有酸素運動をしてはいけない4つの理由

しっかり筋トレできていれば、30分でもかなりの疲労感があるはず。

(このあと有酸素運動があるから・・・)という気持ちで筋トレに余力を残してしまうと、筋トレの効果が薄くなってしまうので、すごくもったいないです。

まずは筋トレでしっかり全力を出し切れるようになること。

そこから始めましょう!

ストレッチ

ストレッチ

1日のメニューの最後はストレッチです。

どのジムにもストレッチエリアが用意されていると思いますので、筋トレで使った部位をゆっくりリラックスしながら伸ばしてあげましょう。

運動後にゆっくりストレッチしてあげることで、筋肉の中に溜まった疲労物質を除去しやすくしてくれます。

また筋トレ後は筋肉が縮んでいることが多いので、しっかり伸ばしてあげると筋肉の動く幅が大きくなります。

動く幅が大きいということはそれだけ使われるエネルギーも大きくなります。

つまり、トレーニングの効率が良くなります。

ストレッチを怠らずに、しなやかな、美しい体づくりをしていきましょう。

番外編:プール

プール

ジムによってはプール施設が併設しているジムもあると思います。

気ジムでの筋トレや有酸素運動が終わった後にプールで体をクールダウンさせるのも、とてもオススメです。

筋トレをした後というのは脳からアドレナリンが分泌され、興奮状態(交感神経優位)にあります。

この状態、実は過食になりやすいです。

それに「運動したから食べてもいいでしょー」ともなりやすいです。

 

プールでリラックスしながらウォーキングしたり、力を抜いて泳いだりすることで副交感神経優位(リラックス状態)になります。

そうすることで過食も防ぐことができるし、体もほぐせるし一石二鳥です。

まとめ

ジムでの超基本的なメニューの組み方はいかがでしたか?

自宅でトレーニングもいいですけど、やっぱりジムに入会するとモチベーション上がりますよね。

まずは上で説明したような基本的なメニューを週に1回〜3回。

最低でも3ヶ月くらいは継続してみましょう。

3ヶ月継続できれば、もう上のメニューは余裕でこなせるようになってるはずですし、少し飽きてるかもしれませんね。笑

 

そうなってきたら、次は負荷を上げたり、回数を増やしたり、種目を変更したり。

刺激を変えてトレーニングしていくといいですね。

トレーニングの刺激を変える方法については、またの機会にご説明します。

 

それでは!

ジムでダイエット

ダイエットが続かないあなたへ。
ジムに通わないからちゃんと続けられる。
バッチリ結果が出るサービス始めました。

CTA 画像小

  • ・ジムに入会したけど、しばらく行ってない。
  • ・いろんなダイエットグッズを買ったけど、全部ホコリかぶってる。
  • ・家事と育児が忙しすぎて運動する時間がとれない。
  • ・筋トレしてるけど、本当に効果が出てるのかよくわからない。

ダイエットしたいけど上のような理由で悩んでいませんか?

僕のダイエットプログラムでは
『3ヶ月で体重−15kg体脂肪率−8%
『半年でウエスト−13cm
『1年間で−35kg、5年間リバウンドなし
など、結果を出している人が続出中です。
運動初心者で、今までダイエットが続かなかった人のためのプログラムを作りあげました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋を中心にパーソナルトレーナーとして活動している『タカヒデキトウ.com』のライター。元調理師という異例の経歴や、体重110kgという肥満経験を武器に「クライアントの気持ちに寄り添う」ダイエット指導を得意としている。好きなものは漫画、寿司、ココイチのカレー。