体重は変わらないのに『最近太った?』と言われたら要注意!

東海地方にお住まいの方はチェック!

⇒バッチリ結果が出る!出張パーソナルトレーニング詳細

こんにちは!名古屋が誇る世界の喫茶店「コメダ」で記事を書いています。パーソナルトレーナーの鬼頭です。

今日は

ねぇ最近太った?

ねぇねぇ、ちょっと太ったんじゃない?

あんまり体重は増えてないっっッッ!なのになぜだ・・・

こんな会話をしているあなたのために書きます。

もしかするとその会話は体重がじわりじわりと増え始め、脂肪がついてくるサインかもしれません。

 

今から対策しておけばまだまだ大丈夫です。思い当たる方はぜひ読んでみてください。

体重が変わらないのに太ったと言われるのはなぜ?

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが脂肪は筋肉よりも体積が大きいです

言い換えれば、脂肪の1kgと筋肉の1kgは同じ大きさではなく脂肪の方が大きいです。

こんな感じ。

筋肉と脂肪

出典:http://healthil.jp/14289

なので、同じ身長と同じ体重でも太って見える人もいれば引き締まって見える人もいるってことですね。

体重が変わっていなくても筋肉が減って脂肪が増えていれば見た目は大きくなります

どこが大きくなるかというと

  • お腹
  • 二の腕

など大きくなってほしくない場所ばかりが大きくなってしまうんですね。残念ながら。

あなたが体重は変わっていないのに『最近太った?』と言われる理由は

筋肉が減って脂肪が増えたからです。おそらく。

えらいこっちゃ!

筋肉が減るとデメリットだらけ

筋肉が減ることによるメリットってなんだろう。思いつかない。

でもデメリットは沢山あります。

・体がプニプニたるんでくる

・老後の寝たきりになる率上がる

・身体的な不調が増える

・膝が痛くなる

・腰が痛くなる

・ぽっこりお腹が出てくる

・代謝量が減って太りやすくなる

・代謝量が減って痩せにくくなる

いっぱいあります。

一番気をつけたいのが基礎代謝量が減るという点。

代謝量が減るってことは今までよりもエネルギーを使ってくれる量が減るってことです。

ってことは今までと同じように食事をしていたら太るってこと。

嫌ですよね。思う存分食べたいですよね。わかります。

そんなあなたのために提案です。

筋トレしましょう!

筋トレとは筋肉を大きくすることではない

fitness-465205_1920

ほとんどの人が勘違いしてますが、筋トレは筋肉を大きくするためだけにしているのではないです。

というか筋トレ初心者が今から筋トレを始めたからって筋肉は簡単に大きくなったりしません

まず、筋トレと言うのは筋肉を減らさないためにするんです。

それができてやっと、筋肉を少しずつ大きくしていったりパワーをつけていったりできます。

ボディビルをやっている人やテレビに出ている筋骨隆々な人たちが、どれぐらいの覚悟や頻度でトレーニングしているかご存知ですか?

例〕僕の知人のボディビルダー

  • 1回のトレーニング時間は2時間〜3時間
  • 頻度は週に4回〜6回
  • 食事管理は毎日
  • プロテインは1日に3回〜4回

こんな生活を10年や20年も続けて、やっとあのような体です。

最低でも2年くらいは継続しないと、みんなが驚くようなボディにはならないでしょう。

でもそこまでやる必要はないというか、相当な気力がないとできないので無理です。

なのでまずは今よりも

筋肉を落とさない

筋肉を減らさない

この2つのことのために筋トレを始めてみてください。

まずは大きな筋肉から

筋トレをしたことがない人は、まず大きな筋肉から鍛えていきましょう。

大きな筋肉を動かした方が良い理由は、補助で小さな筋肉も使ってくれるからです。

例えばベンチプレスという種目は大胸筋という、いかにも大きそうな筋肉をメインターゲットにしたトレーニングです。

メインは大胸筋ですが、大胸筋を助けるために上腕三頭筋(二の腕)という筋肉も同時に使われています。

まさに一石二鳥です。

次に皆さんご存知の懸垂(チンニング)という種目。この種目は広背筋という、いかにも広そうな筋肉をメインターゲットにしたトレーニングです。

懸垂のメインは広背筋ですが、広背筋を助けるために上腕二頭筋(力こぶ)という筋肉も同時に使われています。

そうです。一石二鳥です。

もう一つはスクワット。

スクワットは大腿四頭筋ハムストリングスいわゆる太ももの筋肉をメインターゲットにしたトレーニングです。

メインは太ももですが大臀筋(お尻)や脊柱起立筋(背中)といった筋肉も同時に使われています。

これは一石三、四鳥ぐらいですね。

このように大きな筋肉をターゲットにすると、その補助をするために他の小さな筋肉も使ってくれるため時間効率がいいです。

それに大きな筋肉のほうが小さな筋肉よりも代謝量も多くなります。

小さな筋肉をターゲットにすることが悪いわけではありません。

ピンポイントでその部位を意識することができるので、中級者から上級者になったら取り入れてもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

体重は変わっていないのに『最近太った?』と言われる理由が理解してもらえたでしょうか?

僕の記事はいつも結局筋トレしましょうの筋トレ至上主義になってしまって申し訳ないですが、本当に大切だと思っているので勘弁してください。

 

筋トレって、ムキムキの人たちのためだけにあるんじゃないですよ。

健康であろうとする人たちにとって、もっと身近に感じてもらえるようになるといいな。

そうなるように発信し続けます。

 

鬼頭の提供しているパーソナルトレーニングではダイエットしたい人のための筋トレ。を徹底して実践してもらいます。

東海地方にお住いの方はぜひチェックしてみてくださいね。

⇒バッチリ結果が出る!出張パーソナルトレーニング詳細はこちら

それではまた!

 

>>次のページは

痩せたい人が有酸素運動をしてはいけない4つの理由

ダイエットが続かないあなたへ。
ジムに通わないからちゃんと続けられる。
バッチリ結果が出るサービス始めました。

CTA 画像小

  • ・ジムに入会したけど、しばらく行ってない。
  • ・いろんなダイエットグッズを買ったけど、全部ホコリかぶってる。
  • ・家事と育児が忙しすぎて運動する時間がとれない。
  • ・筋トレしてるけど、本当に効果が出てるのかよくわからない。

ダイエットしたいけど上のような理由で悩んでいませんか?

僕のダイエットプログラムでは
『3ヶ月で体重−15kg体脂肪率−8%
『半年でウエスト−13cm
『1年間で−35kg、5年間リバウンドなし
など、結果を出している人が続出中です。
運動初心者で、今までダイエットが続かなかった人のためのプログラムを作りあげました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋を中心にパーソナルトレーナーとして活動している『タカヒデキトウ.com』のライター。元調理師という異例の経歴や、体重110kgという肥満経験を武器に「クライアントの気持ちに寄り添う」ダイエット指導を得意としている。好きなものは漫画、寿司、ココイチのカレー。